乗馬の初心者はまずは体験から

みなさんは乗馬をしたことがありますか。馬に人が乗った姿はとても美しいですし乗馬に憧れる人は多いと思います。また手綱の操作で走ったり、曲がったり、止まったりといった人間の指示をちゃんと理解してくれる所などを見ると、馬は賢いといった印象を持つことでしょう。

実際は脚の操作や姿勢、声かけなどでも操作しています。競馬ではゴール直前で鞭を使って馬のお尻の辺りを叩いているのを見たことがあるかもしれません。馬なら生まれながらにしてそういったことを知っているのではなく、小さい頃からの調教を受けなければ、そういった操作は通じないことが多いです。ちなみに競馬で使われる鞭という乗馬用品には衝撃吸収素材のパッドが付いているそうです。

ところで乗馬は日本各地で行うことが出来ます。観光地で人が引いて子供などを乗せていることもありますが、乗馬クラブがあるので、そういった所で行うことが出来ます。もしかしたらお友達に牧場などを所有し、馬を飼育していることもあるかもしれませんが、通常は馬を保有していることは殆どないですし、馬に乗ると言えばクラブへ行くのが一般的です。

その乗馬クラブでは初心者向けに体験乗馬を実施していることがあります。無料で体験出来る所もあったりするので色々探して見るといいでしょう。体験といっても服装やヘルメット、ブーツなどの用具はどうするのかということがありますが、用具はほぼ全ての所で借りることが出来ると思います。服装も普段着で構わないといった所もあるでしょう。インターネット上に開設しているクラブのホームページがあれば、どういったものを用意しなければならないか書いてあるはずです。

初心者の場合、インストラクターの人が初歩の初歩から教えてくれるので、指示にしたがって行いましょう。まずは馬に付けている用具や乗り方、手綱の操作などの説明を受ける所から始まって、実際に馬に乗り、ゆっくりと歩き、止まるといったことを行うはずです。最初からスピードを出すことはありません。徐々に慣れていくことから始まります。そして会員になってレッスンを受けて上達すれば自由に乗りこなすことも可能です。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *