iphone修理代金は経費で落ちるのか

会社業務で外出とか多い方は連絡手段として業務用携帯電話がないときついですね。自分の携帯電話は使いたくありませんからね。外出が多い方に限らずアプリケーションの開発を行っている方たち、特にIT企業に多いですがPCの代わりにスマートフォンが支給される場合があります。支給といっても個人のものではなくてあくまで会社の所有物ですが最新機種であればあるほど嬉しいものですね。

しかしiphoneは表面にガラスが採用されされているためとても壊れやすいというデメリットもあります。うっかり落としてしまったりすれば表面にヒビが入ってしまい、ビジネスマンとしてはちょっとみっともないものです。また防水機能もほんの少し水がかかってしまった程度であれば壊れる事は稀ですが、水に浸かってしまうようなシーンでは故障する確率が高いでしょう。そのような事態になってしまった時には修理が必要となりますが、自腹になるのか会社経費になるのかがポイントとなります。会社の規定などに拠る場合もありますが、大抵の場合は過失が本人にあれば自腹、過失とまでは言えない状況での修理は会社経費となる場合が多いです。例えばスマートフォンのカバーや防護フィルムも合わせて支給されているのにそれでも壊してしまうような強い衝撃を与えた場合には個人負担となる事でしょう。ちなみに修理代の目安としてはガラス面の交換で15,000円前後というところが多いようです。就業規則で本人の過失により会社所有物を壊してしまった場合は弁償する旨の記載が多くの会社に記載がありますのでそれに該当するかどうか確認してから修理する事をおすすめします。

iohoneの修理代に関する勘定科目はこれです。
運良く自腹にはならず会社経費となった場合、実際には会社の規定で定められている事が多いですが、修繕費を用いて処理を行うのが一般的です。修繕費がない場合は支払手数料でしょうか。なので経費精算する時は上記のいずれかになりますので経理担当者に相談の上、経費精算を行えば問題ありません。
iphone修理 京都

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *